閉じる
閉じる
閉じる
  1. ゆうきゆうの顔や経歴!彼女や結婚した妻はいる?子供や評判を調査!
  2. ちんあなごパフェの味は?どこで買える?再現してインスタしたい!
  3. セリーヌファラクのプロフや経歴!歌は?彼氏や家族も調査!
  4. ロマトニオロ(ハンコ王子)のフィギュアスケート画像!事務所や彼女は?
  5. イーロンマスクの性格や年収は?母や彼女・妻(嫁)が気になる!
  6. 緒形敦のプロフィール!母は仙道敦子!大学や作品について!
  7. ナレ死の意味は?誰の発想?流行語なの?ドラマ画像の例も!
  8. 渡辺和也(東京国際大)の経歴やプロフ!日清退社の理由や結婚・彼女は?
  9. 浦本勲の顔写真(画像)!経歴や年収は?結婚した嫁(妻)や子供はいる?
  10. ワインスティーンの作品や妻(嫁)・子供を調査!被害大物女優は誰?
閉じる

にわか東京OL通信

節分イベントin東京。豆まきあり?!

スポンサードリンク


[ad#co-1]

あっというまに1月も終わり、2月の伝統行事「節分」。

幼い頃、地元福岡で毎年連れて行かれた神社のインパクトがいまだに強烈です。

 

ちなみにこれが、インパクト大の門がある、

福岡を代表する神社のひとつ、

「櫛田神社」

 

おたふくは「お多福」と書くので、

福がもたらされると言われているそう。

 

東京にはもっとすごいイベントがありそう、、と思い、

おすすめの節分イベントを調べてみました。

スポンサードリンク


以下の行事の漢字、読めませんでしたが。

「追儺(ついな)」って読むんですね。 <意味:疫鬼を追い払う>

 

●豊川稲荷東京別院 節分会追儺式

*行事前にお練りが行われるので、著名人をすぐ傍で見られるらしい。 一人でも家族でも楽しめそう♪

【開催期間】 2017年2月3日(金)

【時間】 14:00~ お練り、厄除祈祷(行事参加者のみ)

15:00~ 芸能関係者紹介 ⇒ 豆まきスタート

【最寄駅】 赤坂見附 /永田町

オフィシャルサイト:http://toyokawainari-tokyo.jp/event.html

 

●増上寺 節分追儺式

※開運のパワースポットとしても有名な、東京タワーの正面にある増上寺で♪

【開催期間】 2017年2月3日(金)

【時間】 12:00~13:00

【最寄駅】 芝公園,御成門,大門

オフィシャルサイト:http://www.zojoji.or.jp/monthly/

 

 ●池上本門寺 節分追儺式

※多数のスポーツ選手・芸能人が、豆まきをすることで有名。 およそ1万人を超える参拝客数。

【開催期間】 2017年2月3日(金)

【時間】 13:00~練り行列
14:00~ 大堂にて追儺式法要
15:00~ 境内にて特設桟敷より豆まき

【最寄駅】 池上

オフィシャルサイト:http://honmonji.jp/outline/gyoji.html

 

●大國魂神社 節分祭

※芸能人、スポーツ選手等多く参加。一般の方も事前申し込みすると豆まき式に参加できる。

【開催期間】 2017年2月3日(金)

【時間】 11:00、14:00、16:00、18:00

【最寄駅】 府中駅 / 府中本町

オフィシャルサイト:https://www.ookunitamajinja.or.jp/

 

<番外編>

なんと、東京タワーでは昼と夜で別々のイベントが行われるようですが、

夜の豆まきはコスプレ着用とか・・・なんか主旨が違っているような(笑)

●東京タワー 豆まき <昼>

※一年の無病息災を願って、福豆やお菓子などが撒かれる人気イベント

【開催期間】 2017年2月3日(金)

【時間】 10:45~ 節分追儺式(せつぶんついなしき)と豆まき

【場所】大展望台2階

 

●東京タワー 豆まき <夜>

※すごい豆まき2017@東京タワースタジオ

鬼のコスプレなどを着用して来場する人の姿が毎年多く見受けられる。

【時間】 20:00~21:30。参加費は3,800円。

 

さすが東京。

まだまだ他にもたくさんの神社でイベントがあるようですが、

「豆まき」があると、子連れで楽しめそうですね♪

 

スポンサードリンク


関連記事

  1. 渡辺和也(東京国際大)の経歴やプロフ!日清退社の理由や結婚・彼女…

  2. 都内のアフタヌーンティーイベント。ティースタンドで再現したい♪

  3. ちんあなごパフェの味は?どこで買える?再現してインスタしたい!

  4. シャンドンロゼ2017年限定ボトルで花見!クルーズイベントが人気…

  5. おせち料理 具材の意味とコーディネート

  6. 米国大統領就任式 市場の反応が気になる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る