リルピープのwikiプロフ!タトゥー画像や曲(歌詞)が凄い!彼女がいた?

アーティスト

アメリカを代表するラッパー、

リル・ピープ(Lil Peep)が21歳の若さで

死去したとの海外メディアニュース。

 

まだこんなに若いのに・・・

死因は薬物の過剰摂取(オーバードーズ)、

または自殺とみられているようです。

 

8月にファーストアルバムをリリースした

ばかりだったそうですが、

一体どんな人物だったのでしょうか?

 

この若さにして遺作となってしまったのが

残念ですが、プロフィールや彼の曲、

彼女の存在についても調べてみました。

 

 

Lil Peep(リル ピープ)

 

本名:Gustav Åhr(グスタフ アール)

1996年11月15日生まれ

アメリカ ペンシルバニア州生まれ

ヒップホップクルー、

ゴス・ボーイ・クリーク(GOTHBOICLIQUE)のメンバー。

 

>>> 公式ホームページ

 

DADDY by @adamdegross

@lilpeepがシェアした投稿 –

 

タトゥーのインパクトが強いですが

繊細な感じが伝わってきます。

 

薬物摂取、うつ病、自殺願望などがテーマの

ダークな歌詞を、独特なスタイルでトラックに乗せる

 

“lo-fi rap(ローファイ・ラップ)”

“emo trap(エモ・トラップ)”などの

独自のジャンルを確立し、

 

その強烈なビジュアルと音楽性で

ここ1、2年で知名度が急上昇していたアーティスト。

 

>>> twitter

 

>>> Instagram

 

彼独自のジャンルが確立されていたがゆえに、

また一つの若き才能が失われたことが

とても残念で悲しい限りです。

 

音楽シーンだけでなく、ファッションシーンでも注目。

VELONE(ヴィーロン)」の

2017年春夏パリメンズでモデルとして

ランウェイを歩いています。

 

<出典:https://www.wwdjapan.com/>

 

やはりこの全身に入ったタトゥーで

彼のオリジナリティが際立っていますね。

 

こちらは亡くなる数日前に、「空虚感を感じる」などと

意味深な発言をした時のもの。

 

I feel emptyyyyyyyyyyyyyy

@lilpeepがシェアした投稿 –

 

実は私も若かりし頃、ファッションで興味があり

ワンポイントでタトゥーを入れようかと

思っていた時期がありました。

 

ちょうど映画なんかで女優さんが入れてて

カッコイイ!なんて思ってた頃。

結局私は勇気がなく 「タトゥーシール」で

満足したタイプですが。

 

日本ではいろんな意味で敬遠されがちですが、

やはり体に何かを施す・・って

自分、あるいは周りに対しての

何らかのメッセージがあるのではないでしょうか?

 

作品・曲

 

歌詞には薬物や自殺願望などが頻出し、

亡くなった報道前日にはインスタグラムに

 

「When I die You’ll love me」

(俺が死んだらみんな好きになる)といった

意味深な言葉を投稿しています。

 

 

<https://www.youtube.com/>

 

こちらの公式サイトで彼の映像が見れます。

 

>>> Lil Peep official  You Tube 

今回の件で、同じような感情を持つ人が

同じようなことをするのではなく、

薬物摂取をやめるきっかけとなったり

命の重みを考える機会になるのを願うばかり。。

 

 

つい先日までは母親の誕生日を祝う様子なんかも

アップされているので、家族の気持ちを思うと

なんともやりきれません。。

彼女がいた?

 

過去に交際を噂されたのが女優の

ベラ・ソーン(Bella Thorne)

 

Get the baddest girl like they do in all the movies 🏆

BELLAさん(@bellathorne)がシェアした投稿 –

 

彼女は今回の訃報を受けて

「リルピープのファンに伝えたいの。みんなは彼がどれだけ才能に溢れ、素晴らしい人だったか知ってるわよね」<引用:https://www.excite.co.jp/>

と泣きながら彼を偲んだとのこと。

 

彼女もまた個性的でちょっとヤンチャな

でもアーティスト性を感じる女性で、

インスタグラムではいろんな表情を見せています。

 

>>> Instagram

 

Stuntin 🍓

BELLAさん(@bellathorne)がシェアした投稿 –

 

この他にもサム・スミスなど・・

多くのアーティストが

彼の死を悲しむ声をSNSに載せているそう。

 

正式な死因の発表にはまだ時間がかかるそうですが、

彼のご冥福とご家族の1日も早い心の快復を

心より祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました