まつげダニの治療方法!眼科や薬(アイボン)で退治できる?症状は?

お役立ち情報

ぎゃあ!「まつげダニ」の画像見てビックリ。

そんなの人間に存在するのかと思いきや、

「多くの人の目に存在している」そう。

 

近年はそれが原因で、ドライアイなどの

目の不調を引き起こしている可能性も

指摘されているようです。

 

そもそも原因は何なのか、

自分で改善できるものなのか、

それとも眼科に頼るべきなのか・・

 

症状などについても調べてみました!!

 

 

まつげダニとは・・

 

正確には「ニキビダニ」の一種。

デモデックス(Demodex)」とも呼ばれる。

 

ニキビダニって・・もう名前からして

顔や体に生息して、ニキビの原因とかになる

・・・って感じがしますね^^;;

 

 

ぎゃっ、、もうめっちゃ動いてるやん!!

 

ニキビダニは

・ヒトの毛根部分に生息するタイプ

・皮脂腺の中に住むタイプ

 

の2種類がいて、まつげに住むのは前者で

肉眼では見えないそうですが、

顕微鏡レベルでは簡単に見えるみたいです。

 

原因・症状

 

まぶたの縁にある、涙に油分を供給する

「マイボーム腺」

 

これがきちんと機能しない状態を

マイボーム腺機能不全(MGD)と呼び、

この状況が続くと目の乾燥をはじめ、

充血やゴロゴロする・・など

ドライアイの様々な状況が引き起こされるそう。

 

アイメイクをする女性だけではなく、

メイクをしない男性でも不衛生な状態から

MGDを引き起こすこともあるようです。

 

これじゃあ、いくら目薬をさしたところで

このマイボーム腺が機能していなければ

ドライアイは一向に改善しなさそうですね!

 

 

治療・退治方法

 

とにかく目元を清潔にするのが最優先!!

 

「マイボーム線」を清潔に保つ事を、

海外では「リッドハイジーン」

(眼瞼清拭=がんけんせいしき)と呼ぶそうで、

専用のシャンプーなんかもあるようです。

 

●目元専用クレンジング

>>> アイシャンプー

 

 

髪の毛を洗う・・・のは当たり前ですが、

目の周りの負担を抑えながら

「まつげを洗う」のも見直す価値ありですね!!

 

 

●眼科では・・

患者に前述の「リッドハイジーン」を

毎日行ってもらうようアドバイス。

 

また、MGD(マイボーム機能不全)の

治療も合わせて行ってもらう。。

 

と、とにかく目元を清潔にすることを

毎日の生活習慣としてもらえるよう促されるので、

不調があったら自己流だけでなく、

眼科に通ってアドバイスを受けることも

重要かもしれません。

 

●アイボンは・・・?

どうしても目を洗う・・と聞くと

薬局でもすぐに手に入る、

あの「アイボン」が思い浮かびます♪

確かに目がスッキリしますし^^

 

 

一度目の異物感で眼科でアドバイスを受けた際、

やはり目元の汚れを十分に落としてからでないと

この「アイボン」も目の周りの雑菌が

一緒に目の中に入ってしまうことになるので

オススメできないと言われましたが・・

 

確かにそうかもしれません。

 

 

女性は特に目元のメイクとかあるので、

さきほどの「目元専用シャンプー」などで

しっかりと目元の汚れをとってから

「アイボン」で眼球を洗う・・なら

いいのかもしれませんね!

 

自己判断より何かあったらまず専門医・・

こちらを一番オススメします^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました