小袋成彬の読み方は?歌や作品を紹介!大学や経歴・プロフィール!

アーティスト

2018年4月にメジャーデビューする予定の

小袋成彬さんが業界や世間で大注目されています!

 

というのも宇多田ヒカルさんがプロデュースする

初めてのアーティストとのことで、

宇多田さんが次のようにコメントしています。

「この人の声を世に送りだす手助けをしなきゃいけない」

 

すごいですよね!!

あの宇多田ヒカルさんを魅了した

その歌や作品について調査してみました!

 

小袋成彬の読み方は?

 

まず最初に名前の読み方がわからない・・

という人の為に、、

「おぶくろ なりあき」と読むそうです^^

 

なかなかお目にかからない名前ですね!

小袋という苗字は全国にも430人ほどしかおらず、

大分・福岡に集中している苗字のようです。

 

 

小袋成彬の歌や作品を紹介!

 

4月に発売予定のデビューアルバム

「分離派の夏」のティザー映像を見てみると・・

 

 

独特な世界観と透きとおるような声に

一瞬で引き込まれてしまいますね!!

 

またデビュー前ということで公開されている

動画は少ないようですが、

小袋さんが大学時代に組んでいたユニット

「N.O.R.K」の作品が公開されていました♩

 

The Fall

 

YELL OUT

 

鋭いのに包み込むような音やアートワークが

外国のお洒落な映画を見ているような気持ちになりますね!

胸に刺さります^^

 

大学生時代にすでにこれだけの確立した世界観と

才能を持っているのはスゴイ。。

 

 

小袋成彬のプロフィールや大学・経歴は?

そんな小袋さんの気になるプロフィール。

1991年4月30日生まれ(26歳  2018年1月現在)

埼玉県浦和市出身。

 

子供の頃からお父さんのギターを借りて

コード譜を練習していたりと、

音楽に触れ合っていたようです^^

 

大学は立教大学経営学部。

中学校から立教大学付属の

立教新座中学・高校に通っていて

野球部に所属していたようです。

 

意外にスポーツ少年だったんですね!!

 

大学ではコピーバンドに参加。

2013年の夏の就職活動中に音楽への夢を捨てきれず、

友人と制作した楽曲が話題になったことで

音楽ユニット「N.O.R.K」を始めたようです。

 

2014年には「N.O.R.K」名義でのミニアルバム

「ADSR」を発表しています。

Apple Musicでの「ADSR」のチェックはコチラ!

>>> Apple Music

 

そして小袋さんは大学で学んだ経営学を

音楽方面に持ち込もうと思いプロデュースを開始。

 

その後2015年に平成生まれの友人たちと興したのが

音楽レーベル「Tokyo Redordings」!

 

>>> Tokyo Recordings

 

こちらのレーベル活動がまたスゴイ!

 

OKAMOTO’S、柴咲コウ、きゃりーぱみゅぱみゅ、

Keishi Tanaka、宇多田ヒカル・・・と

とても豪華なアーティストの方々の作品に

関わっていたようです。

 

プロデューサーとしての才能もスゴイんですね!

2016年には宇多田ヒカルさんのアルバム

「Fantome」収録の「ともだち」に

客演参加しています。

 

これが運命の出会いだったんですね〜^^

 

宇多田ヒカルさんは小袋さんの歌声に

惚れ込んでしまったようです。

 

そして2018年4月に宇多田ヒカルさんの

プロデュースにより満を持してデビューすることに!

 

 

すでにデビューアルバム「分離派の夏」より

シングル「Lonely One feat.宇多田ヒカル」の

リリースをされているので、

アルバムより一足早くコチラをチェックです!

 

>>> Spotify

>>> Apple Music

>>> LINE MUSIC

 

その抜群の歌唱力はもちろん文学を思わせる

詩的な歌詞、独特の世界観、そして

多くのアーティストの支持を得てきた作曲、

プロデュース力など。。。

 

あらゆる音楽の才能を兼ね備える小袋さん。

今後の日本の音楽界の中心になっていくのは

間違いないので要チェックですね^^!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました