ポケトークの販売店や最安値!使い方やどの国に対応してるか調査!

ニュース

翻訳デバイスポケトーク(POCKETALK)」が

2017年12月14日に発売されるとのニュース!

なんでも東京オリンピックの時なんかには

かなりの需要があるのでは?!・・と今から話題に。

 

翻訳デバイスって一体・・・

いまどき翻訳なんて、携帯やアプリで

簡単にできちゃうんじゃないの??

なんて思ってしまいましたが、

どうやらそれだけではないかなり高機能な

デバイスらしく・・気になります!!

 

法人向けのレンタルサービスも展開予定だそう。

早速チェックしてみたいと思います^^

ポケトーク

端末に向かって話しかけるだけで、

音声とテキストで翻訳してくれるシロモノ。

そんなのスマホのアプリでできるじゃん!って

一瞬思いました。。。

 

が、やはり海外に行くと

SIMカードを抜き差しして通信手段を確保して・・

さらにはアプリをインストールして起動。。

 

利用するまでの手順がなにかと多いですが、

ポケトークは端末に話しかけるだけ!!

これってかなり助かりますよね^^

 

あの手順の多さは結構なタイムロスなので、

同時通訳なんてもんじゃないですし^^;;

 

<出典:http://www.itmedia.co.jp/>

 

ポケトークは3G通信機能を内蔵していて、

「ソラコム」のグローバルSIMという

1枚で各国キャリアのローミングを利用できる

SIMを採用している為、

海外でもSIMカードを抜き差しする必要がないのだとか!

 

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

いや、これはかなり便利!!

またスピーカー内臓で、

音声の聞き取りやすさにも重点をおいているそう♪

 

しかも現地の人に翻訳してもらう際に、

スマホを渡して個人情報を見られる・・

などといったリスクがないのもイイですね!!

 

う〜ん、これは携帯とは別に欲しいデバイスかも!

 

 

価格・販売店

購入の際は、ソラコムのSIMカード付き/なし

を選択できるとのこと。

ホワイトとブラックの2色。

 

<出典:http://www.itmedia.co.jp/>

 

●SIM付き 2万9,800円(税別)

購入後、2年間は月額料金なしで翻訳が使いたい放題!

2年後の料金は未定とのことですが、

別途チャージすることで継続利用可能だそう。

 

●SIMなし 2万4,800円(税別)

Wi-Fiを運用して使用。

本体にはSIMロックはかけられていないので、

他社のSIMカードも利用できるが、

動作保証はないようです。

 

う〜ん、悩むところですが、

やはり私は「SIM付き」で最初は使うかな^^

 

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

最安値はまず販売当初はこの価格設定だと思うので、

よりサービスが充実していると思える販売店から

購入するのが一番だと思います^^

例えば「ポイント付与」とか。

 

販売店は今のところ、、ソースネクストのeSHOP、

ヨドバシカメラ、ビックカメラなどの量販店

 

>>> ソースネクスト eSHOP

 

>>> ヨドバシカメラ

 

>>> ビックカメラ.com

 

個人的には「ヨドバシ」は当日に届けてくれたり

その他の生活用品も安いし便利なので

結構お気に入りです。

 

法人向けのレンタルサービスも展開するとのことなので、

海外出張に法人で借りるケースも増えそうですね!!

 

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

旅行、学習、ビジネス、外国人観光客案内・・・

と、オリンピック!!!

いろんなシーンで活躍しそうです^^

 

使い方

話しかける際、

●日本語から他の言語へ翻訳

左キーをタップ

●和訳をする際

右キーをタップ

 

たったこれだけの動作!!

簡単・シンプルが一番助かります^^

もはや難しいアプリは使いこなせない世代なので笑。

 

翻訳結果は画面にテキスト表示され、

スピーカーから音声でも返してくれて、

簡単なフレーズはもちろん、

複数の文章からなる長文にも対応しているそう^^

 

どの言語に対応?

翻訳は言語によって最適な、翻訳精度の高いシステムを

クラウド上で選んで翻訳するそうで、

なんとも賢いですよね!

 

翻訳システムの判定は人力(ソースネクスト側)

で行われるそうですが、

今後はAIを用いることも視野に入れているのだとか。

 

いや、なんかすぐAIで実現しちゃいそうですね♪

 

 

発表のあった10月23日時点で、

音声またはテキストで翻訳できるのは63言語。

対応言語は今後も拡大していく予定とのこと!!

 

対応言語一覧↓

<出典:http://www.itmedia.co.jp/>

 

世界のマイナーな言語なんかも翻訳できるようになったら、

世界中どこでも恐れず行けそうですね^^

 

とりあえずオリンピックへ向けて、、話題必至で〜す!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました