ダウンコートの洗濯は自宅で可能?クリーニングの相場は?

お役立ち情報

[ad#co-1]

まだまだ寒い日が続くので、ダウンコートは欠かせませんが、

いざ、これをしまうとなると毎年頭を悩ませるのがクリーニング

羽毛布団の洗濯も同じく。。

 

すべてクリーニングに出すと結構なお値段が!!

これって年に1度クリーニングに出したら、

いいダウンがそのうち買えるんじゃないかと思うくらい・・

 

自宅での洗濯法や、便利な宅配クリーニング代の相場などをまとめてみました!

私はここ数年、ダウンや羽毛布団は全て自宅で洗濯しています。

最初は恐る恐る・・・なにしろ水につけただけでペシャンコ!

「ああああ!!」って最初はなります(笑)。

でもポイントを押さえていれば、そんなに失敗しないようです^^

 

洗う前のチェック

●まずダウンや羽毛布団の「洗濯表示」を見て、

水洗いができるかをチェック。

・・・ですが、ほとんどのダウンコートや羽毛布団は

水洗い不可」の洗濯表示が!!

 

こうかいてある以上、自己責任にはなりますが、

ダウンは本来、羽毛の油分を奪うドライクリーニングより

水洗いのほうが適しているのだとか。

 

●また、その衣類がナイロンやポリエステルである場合は洗えますが、

ウール素材のものとなるとドライクリーニングするしかないようです。

 

 

洗い方

1、中性洗剤(デリケート衣類用)で洗濯液をつくる。

ちなみにドラッグストアでも買える「エマール」でも十分ですが、

私のおススメはサンスターの「ドライアップ」!!

amazonなどネットでお安く買えちゃいます♪

これでドライ系の衣類を洗濯して、失敗したことがありません♪

 

 

2、襟や袖口など汚れが目立つ部分をぬるま湯で濡らし、

洗剤をつけてブラッシングまたは手で揉み洗いをしておく。

 

3、洗濯機の中に、軽くたたんだ状態で

洗濯ネットに入れたダウンと洗濯液を入れる。

(羽毛布団の場合は、紐で縛ったり布団専用のネットを使用)

 

ダウンが浮いてくるので、手で押し洗いしてく(5分くらい)。

 ↑この作業が一番私には疲れます(;’∀’)

十分押し洗いできたら、すすぎの前に30秒くらい一度脱水する。

このとき、ダウンがかたよっているとうまく脱水できないので、

洗濯機の中で広げて様子を見ながら。

 

汚れた水は一度排水して、なるべく多くのきれいな水ですすいでいく。

最後に好みの香りの柔軟剤を入れる。←ココに結構気を使ってます

ふんわり仕上げるには必須好みの香りにしたいので。

その後、脱水1分

 

洗濯はここで完了ですが、まさに「ペッタンコ!!」でびっくりします。

・・が、ここからの乾燥の仕方が一番重要になってきます!

 

乾燥の仕方←ココが一番重要!!!

●洗濯後のダウンや羽毛布団は、中の羽毛がからみあってダマになっているため、

これをほぐす作業が必要。

 

ダウンコートの場合、ハンガーにかけた状態でパンパンと手でたたきならが

中の羽毛をほぐしながら自然乾燥させると、少しずつふくらみが・・

 

●本来のボリュームに戻すためには、ドラム式の乾燥機を使うのがベストなので、

自宅にない場合は、コインランドリーで10分100円でできます。

 

 

私は自宅で洗って手でほぐす作業をした後、

すぐにコインランドリーに持って行き、乾燥させるようにしています。

高温は怖いので、低温で様子を見ながら・・・30分~40分くらいで。

元どおりに復活したダウンが登場!!

 

クリーニングの相場

近所のクリーニング店に聞いてまわった際の相場は、

だいたい2,000円~4,000円といったところ。

 

これが羽毛布団となると3,000円~6,000円くらい、、

思わず「高っ!!」って、引き返しました(笑)

 

ちなみに、、よく見かけるクリーニング店だと。。

持ち込みのほうが少しお安いですが、素材によりけり。

 

<白洋舎>

2,000~4,100円(素材による)

<ホワイト急便>

2,480円~

 

●最近人気の便利で価格も納得!の

宅配クリーニング利用も安心でおススメです♪

<リネット>

<リナビス>

 

まとめ

最近ではお手頃価格で買えるダウンも増えてきたので、

クリーニング代を払うより、自宅で洗濯できると助かりますよね♪

でもさすがに高級ダウンとなると、失敗が怖い。。

 

私はガンガン自宅で洗ってしまいますが(笑)、

失敗したくない方は、宅配クリーニング等で

プロに仕上げてもらうのも安心ですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました